もしドラのアニメがNHKで放送されます!

本日4月25日からNHK総合テレビで「もしドラ」のアニメが始まります。

その元になっている本が、岩崎夏海さんの「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」という本です。

経営論の本なのに、表紙や内容が萌え系という画期的な本ですね^^

アニメは全10話で、4月25日(月)〜29日(金)、5月2日(月)〜6日(金)の午後10時55分〜11時20分まで。
あと、映画化もされるようですね。
2011年6月公開予定で、AKB48の前田敦子が主役を演じるそうです。

この本のタイトルにもある「ドラッカー」は、経営学の父と言われる「ピーター・F・ドラッカー」のことで、マネジメントの発明者と言われています。

ドラッカーの本はかなり勉強になるのですが、何しろ難しいんですね^^;

この本は、野球部のマネージャーをしている女子高生が、
ドラッカーのマネジメントの本を読んで、野球部の管理をドラッカーの理論に当てはめ、甲子園出場を目指すという本です。

ドラッカーのマネジメント論では「われわれの事業は何か」を考えるために
「顧客は誰か?」を問うところから始まります。
そして「何を求めているか?」と考えていきますが、
著者の岩崎さんによると、この本の制作自体がドラッカーの理論に沿って、
出版社と方向性を考えて作られたそうです。

非常に解りやすいので、ドラッカーの入門書としては非常に良いですね。
まったくドラッカーを知らない人でも楽しめる小説になっています。

ただ、これを読んだからと言って、ドラッカーの全てがわかるかといえば、それは難しいです。
あくまで入門的な本ですから、ある程度概要がわかったら、
本家の本を読むことをお勧めします。
逆に、本家を読んで理解できなかった人はこちらを読んで具体例を考えても良いですね。

他にもドラッカーの入門書はたくさんでていますが、
これらを読みあさっても、ドラッカーの本1冊から得られる知識には勝てないですね。
もしドラを読めば、他の入門書は読む必要ないでしょう。

本家の本というのは、マネジメント - 基本と原則 [エッセンシャル版]
プロフェッショナルの条件―いかに成果をあげ、成長するか (はじめて読むドラッカー (自己実現編))などです(下の2冊)。
「マネジメント」の方は、このアニメの原動になっている本ですね。

 

このアニメも小説のもしドラと内容は同じだと思っているのですが、
野球部の女子マネージャーがドラッカー理論を使っていることからもわかるように、
経営者やビジネスマンだけが勉強になる本ではありません。

組織運営ならどんなところでも使える普遍的な理論ですし、単なる流行りや小手先のテクニックではありません。
また、自己ブランディングやコミュニケーション術、自己成長するためにも応用できます。
つまり、誰でも勉強になるわけですね。

ドラッカーに興味を持った方はぜひ本家の本を読んでみることをオススメしますよ^^

オーディオブックもあります!

ドラッカーのオーディオブックは、全章をまとめた「ドラッカー経営論全章パック」というのもあってお得です♪

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

コメントする




« クロックサイクルの速め方 | ホーム | 20代で身につけたい、未知の難題に対処する方法 »

このページの先頭へ