人生を変える!夢の設計図の描き方

人生を変える!夢の設計図の描き方~1年後に「自分らしい生き方」ができる方法
鶴岡 秀子
フォレスト出版
売り上げランキング: 8244
おすすめ度の平均: 4.5

夢を実現するために必要なマインドの持ち方が書かれた一冊。

著者の鶴岡さんの実体験に基づき、夢を叶える為の資質や、
周りの人に喜んで自分の夢に参加してもらう方法などがかかれています。

自分のセルフイメージを高めたり、下がってきたモチベーションがアップする本ですね^^

自分らしく生きるということはどういうことか?というと、
それは、夢を持つこと
自分に制限をつけずに自分を信用して、考えることにワクワクすることです。
それが自分らしく生きるための第一歩です。

夢を持ったら、まずはぶれない自分軸を持って夢を追い続けます。

自分に軸を持っている人は、他人の意見に振り回されることはありませんし、
例え自分と考え方の違う人間と話し合ったとしても、より自分の立ち位置を確認できるチャンスに変えてしまいます。

そして、次に他人の共感を呼ぶコンセプトを立てます。
一人ではできないことでも、多くの人が協力すれば成し遂げてしまうことは珍しくありません。
他人の協力を得るには、自分を信頼してもらう必要があります。
その為には、まずは自ら他人を信用して夢を語り、その進捗状況を語り続けることで信頼が得られやすくなります。
そうすると、周りにどんどん協力者が現れ、夢の実現が見えてきます。

このようにして勧めれば夢は実現にどんどん近づくのですが、
何かにチャレンジするにあたって、失敗はつきもの。
失敗した時の状況をどう認識するか?というのも、
成功にたどりつくための大きなカギを握っています。

つまり、失敗したとき

「なぜ失敗したのか?」

ということにフォーカスするのではなく

「どうやったらうまくいくか?」

にフォーカスするんです。
成功する人は失敗から教訓を得、ステップアップします。

このように、失敗したときこそ考え、逆に失敗したことが成功に一歩近づくと考えられる人を、鶴岡さんは「天国体質」と言っています。

どんなに悪い状況であっても、それを乗り越えれば天国が待っていると思う人のことですね^^
不幸に鈍感な人達です。
これこそが成功するための資質と言えるのではないでしょうか?

以前、鶴岡さんの講演に行って、本人に会ったことがあるのですが、
鶴岡さんはまさに「天国体質」を持っている人でしたよ^^

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

コメントする




« 山崎拓巳×鶴岡秀子Wセミナー | ホーム | ガルシアへの手紙 »

このページの先頭へ