全脳思考

この本を読む前は、
問題解決をする際の考え方を、より高度にするための思考法だと思っていました。
そのような思考法を学ぶことで、行動しやすくなり、結果も伴うと思っていたんですね^^;

でも、読んでみると全く違いました。

たった1枚のシンプルなチャートを書くことで
良質なアイディア、自分がゾクゾクするようなアイディアがあふれてくる、
そんな思考法です。

今の状態からどうやって解決した状態に導くか、ということではなく、
こうありたいという未来から現在にさかのぼって、その時々の状態を考えていくんです。

これが思っている以上に可能性のある思考法なんですよね^^
マスターして、マインドマップやフォトリーディングと一緒に使うと
シンクロして相乗効果が期待できる、そんな感じがしました。

やり方としてはまず、
「この問題の解決を通じて120%Happyになる人はだれか」という人を想像します。
そして、その人の現状と120%Happyの差異を埋める曲線をランダムに描き、
そこから解決するための手順を得ていきます。

ただし、ここででたアイディアは仮説。
なので、今まで問題解決に使っていた、
論理的なモノの考え方と一緒に使うと効果的なんだと思います。

全脳思考を使う時は、
「何か良い方法はないかなあ?」
など、問題を解決するための切り口に困った時。

今までの既成概念にとらわれていると、
その延長線上でしか物事を考えられませんが、
全脳思考を使うと、常識にとらわれない、柔軟な発想をすることができます。

しかも、楽しくなることを前提に考えるので、
難しい問題を解決するのが楽しくなるんですね^^

僕も使いこなしているわけではありませんが、
全脳思考は非常に可能性を秘めた思考法だと思います。

全脳思考は、オーディオセミナーもあります。
そして、始まったばかりですが、マスター講座もあります。
講座はまだ不定期のようで、詳しくはわかりません。
これからフォトリーディングやマインドマップの講座のように、
頻繁に開催されるようになってくると思います。

料金が105,000円するので高いのですが、
それを受けるだけの価値はあると思うので、
お金を貯めて受けようと思います^^;

使いこなさないと、意味がありませんからね^^

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

コメントする




« 読んだ本を活かす人、活かせない人 | ホーム | 伝える力 »

このページの先頭へ